前へ
次へ

コンクリートブロックを補強するための外構工事

震度4ほどの地震が発生しただけで塀のコンクリートブロックが一部だけ崩れてしまい、これだけ強度が低いと大地震が発生した時が心配だと考えて、外構工事を早いうちに済ませておきました。スタッフと話し合っている時に分かったのが、自宅で使っていたコンクリートブロックは強度が低すぎるという事で、ブロック同士を繋ぐモルタルの量も不十分だと言われて驚いています。このままの状態を放置しておくのは良くないと考えて、すぐに外構工事を始めてもらった際には、コンクリートブロックの選び方なども教えてもらえました。地震に強いだけでなく耐候性でも優れていて、熱を溜め込みにくいものを選んでいます。モルタルの正しい使い方なども解説してから作業を行ってもらえたので、これなら強度の高さも信頼できると思えましたし、デザインの美しさにも大満足でした。コンクリートブロックの色合いなども選べて、子供が喜んでくれるように温かみのあるデザインを採用しています。

Page Top