前へ
次へ

外構工事を安くするための2つの方法

外構工事を行う際には、本当に必要な工事内容はどれなのかをよく考える必要があります。たとえば、アプローチ部分の「コンクリート打ち」を最小限にとどめたり、「フェンスの設置」の範囲を狭くしたりなど。工事はもちろん、後から追加することができるので必ずしも一回でする必要はありません。工事する際には興奮してしまいがちになるので、家族や友人に話しをよく聞いてもらい、第三者の意見を取り入れて工事内容を決定するのがいいでしょう。工事を行う場合には、複数社から見積書を作成してもらうのがいいでしょう。当然ですが、同じ内容の外構工事だとして、会社により費用はことなるものです。外構工事は高額になる傾向があるので、一番高い所と安い所とでは、数十万円違いということはそう珍しいことではありません。なお、見積書は交渉材料になるので、一番安く対応してくれる会社にまず見積りしてもらうのがいいでしょう。そうして、その見積書を次に見積もりする会社に見せると、値下げ交渉は上手く行きやすくなります。

Page Top